快眠することは大事|敷布団を選ぶ時の注意点

女の人

健康になる睡眠を

寝具

腰痛が悪化することも

肩こりや腰痛で朝起きると辛かったり、夜中に起きてしまったりする人は敷布団を変えるといいかもしれません。敷布団が固すぎても柔らかすぎても、体に負担のかからない姿勢を維持することができません。体に負担のかからない敷布団とは、仰向けでも横向きでも体圧を分散する構造を持つ高反発性能を持つものです。敷布団が硬すぎると体の出っ張った部分に圧力がかかり、筋肉が固まって痛みを悪化させてしまいます。柔らかすぎると自然な体勢を維持できないため歪んだ姿勢で休むことになってしまいます。高反発性能があると、圧力を分散させて自然な体勢で眠ることができます。メーカーによって高反発性能の敷布団は様々ですし、人によっても合う合わないがあります。

自分にあったものを

高反発敷布団やマットレスはデパートや家具店、ホームセンターで試すこともできます。すぐに決めずに、いろいろなメーカーのものを試してみます。値段もそれなりに高いですが、高いから性能がいいということでもありません。自分に合っているかどうかを確かめるには、まず寝てみることが一番です。メーカーによってはお試しや全額返金保証のものもあります。そういったものも含めて試すことが重要です。加えて、耐用性や衛生面、お手入れ方法や持ち運びのしやすさなども確認します。口コミも参考にしてもいいですが、自分に合っているかの判断が一番大事です。安くない買い物ですので、わからないことは率先して問い合わせます。買ってから、よく眠れなかったということのないように検討します。

身体の温度をあげよう

女の人

体温を上げる方法の基本は、身体を温める事です。シャワーだけの人は湯船につかるように変えたり、筋力をUPさせましょう。筋力がUPすると基礎代謝が高くなり、体温も上がります。体温を上げることが近年ブームになっています。その理由は、免疫力UP、痩せやすくなる、不妊改善などの効果が期待されているからです。

この記事を読む

足の症状に専門的なケアを

脚

外反母趾を根本的に治すには手術が必要です。日本ではあまり行われていませんが、欧米諸国では日帰りで行っています。手術以外で進行を防ぐには、適切な医療用インソールで崩れた足のアーチをしっかり保つのがベストです。

この記事を読む

身体の悩み

ウーマン

低体温であることで、身体の中の酵素の機能が低下し、基礎代謝までが下がります。女性にとって、キレイに痩せるために取り入れていることが、逆に低体温へと体質を移行させています。改善させるには、運動による熱を作り出すことが得策です。

この記事を読む