身体の悩み|快眠することは大事|敷布団を選ぶ時の注意点

快眠することは大事|敷布団を選ぶ時の注意点

婦人

身体の悩み

ウーマン

栄養不足から体温低下

体温が下がると基礎代謝も低下する特徴があり、カロリー消費にも差が生じ、同じ内容の食事を摂取しても体重増加に結び付くデメリットがあります。代謝に必要な酵素の働きを活性化させることが重要で、36・5度台の平熱を保つことが健康維持に繋がります。脂肪の不燃焼も低体温が原因となり、体脂肪量の多い方ほど低体温に陥るデータもあるほどです。食べ物に含まれる糖はエネルギーや熱へと変化するブドウ糖に変化します。健康改善には一番に食が重要で、亜鉛やマグネシウムなどのミネラルやビタミンは必須です。これらが不足しやすい女性の多くが冷え性であるパターンは多く、エネルギーや熱が作られないために、自ずと低体温に陥るのが特徴です。そのため、ミネラルやビタミンチャージが改善に一役かうため、サプリメントなどが利用されています。

筋肉が熱を作る

清涼飲料水や甘い食べ物を多く摂取する場合、低体温である可能性も大きく、その大半が女性です。健康美を意識した女性には、南国の果物を日頃から摂取する傾向にあります。マンゴーやパイナップルなどは身体を冷やす代表格で、冷えを加速させます。低体温から脱け出すには、筋肉の素になるたんぱく質を摂ることがポイントです。筋肉量を増やすにも運動は必要ですが、その材料として熱を作り出すたんぱく質を摂取します。身体を冷やす作用のある砂糖依存に陥りやすい女性の場合、美容目的で生搾りジュースなどでデトックスを図りますが、冷えやむくみが現れ、逆効果に繋がります。低体温改善に、呼吸や血の巡りまで意識できるヨガやピラティスを取り入れ、女性向けのプロテインなどの飲料に置き換えるテクニックで改善されます。